2016年03月07日

タトゥーを入れたママを持つ子どもの人生とは?

ママ友.png
タトゥーはファッションであり、意味のあるものである。

決して、女性でも威嚇するつもりではない。


この考え方に対して、日本社会では一般的に全く逆の考え方です。



さて、この論点をどこに置くかで答えは平行線をたどるでしょう。


タトゥーを入れて後悔した人、実際に困ったことがある人が
いるなかで、本当に「 全く問題はないさ 」と言える方は
おられるのでしょうか?


自分一人だけの人生を歩んでいれば、自己責任の矛先は
当然自分だけに向かって来るわけで、それ以上のことを
他人がどうのこうのと言う資格はないと思います。




ただ、もし自分一人の人生でない場合、
たとえば親、兄弟、姉妹、親戚、友達と自分と関わる人が
いる場合では、なかなかそうも言ってられません。


考えたかを180度変えなければいけない状況は、
結婚して子どもが生まれる時です。


最近では親が子どもを虐待して死なせると言う
考えられないほど悲しい事件が多いですが、
実の親の多くは口には出さないですが、子どもに対して
深い愛情を持っているのが普通です。


□ タトゥーを入れた親を持った子どもはどんな人生を歩むのか?


いじめ.png
これはあくまでも現実的な論点ですが、リスクの度合いという
ことにしておきましょう。



まず、保育園や幼稚園でお友達の親が反応を示すリスクです。


この時点では、子どもの間では異変が無いかも知れません。

親の間で陰で噂されていることを気にしていても
「 ほら、大丈夫 」と見て見ぬして自分たちを納得させてしまうかもしれません。



ただ、問題は子どもが小学校に入ったぐらいにリスクが高まります。

すなわち義務教育、集団生活が始まって来ると状況はガラッと変わるでしょう。



子どもの社会が作られてくるからです。



また、学校には校則があります。

風紀の規則があります。



しかし、子どもの世界にも守らない反社会もできてきます。


親が良いと言ったから、別に守らなくてもいいとう子も
出てくるでしょう。


さて、この考え方はこの先どこまで通用するのでしょうか?



まず、子どもの世界をどこまで親がコントロールできるのかです。

子どもの社会にも陰湿な“いじめ”が存在します。



親が入れたタトゥーには意味があるということを
他の子ども達やその親に納得させることができるでしょうか?


人を見た目で判断してはいけないという考え方を
この場に当てはめて本当に大人の社会に出て行かせられるのか?



自分のことではないのに、大好きなママやパパのことで
子どもが陰湿ないじめに合うのを親として耐えれるかです。


恐らく最初は頑張ってママやパパの見方をするでしょう。



でも、冷静に想像をしてみて下さい。


その説明を子どもの社会で自分の子どもに説明させている
ところを想像したら、胸が痛くなりませんか?


それが普通の親としての感情だと思います。




□ タトゥーの社会的評価を子どものためと受け止める?


母親 考える.png社会はそんな親を思うけな気な子どものことまで考えずに
はっきりと親のタトゥーを評価して来ます。


最悪な場合は、全く関係が無いのに
「 親がタトゥーを入れているからだ 」と言うことに
繋げられてしまいます。



今の日本の社会は、綺麗ごとを言っても見た目で判断されることが
ほとんどです。


社会に出れば、本当の自分の性格や人格を深く知らないので、
大半を見た目で判断されます。



バイトの面接に始まり就職活動の面接では、それが身に沁みて分かって来ます。


この数時間で自分の何が分かるんだろうと、
不満に思う結果になることが多く訪れます。


それが現実なんです。

見た目って非常に大切で、評価さえることなんです。



「 それはおかしい 」とも思う方もいるでしょう。

しかし、論点が変わらない限り、どれだけ叫んでも結果は同じです。



□ 親になったらタトゥーを隠すのを止めて消す決意


タトゥーへの批判は、日本の一般社会ではごく普通のことです。母と子.png


これは歴史的に動かしがたいことで、多くの方に
潜在的に植えつけられている知識です。


よく他と比較して話し合うことって多いと思うのですが、
その比較対象に何をあげるかで、どんどん論点がずれて
話の答えが見えなくなっていきます。


海外のタトゥーを論点にあげても日本社会や人々の考え方は変わらない。

それは日本人だからです。


親は良いとしましょう。

もし、親子で行動をした時に社会施設でタトゥーが原因で
入ることを断られた時、どんな感情をいだきますか?


子どもがです。


まわりの親子から「 何であの親子は断られたのかな? 」と
見えない視線を感じながらも強い態度でいきますか?


そうなんです。


子どもが将来的にタトゥーを入れるかどうかは、
別問題です。


ただ、子どものためにタトゥーに対する概念を白紙に
してあげるのが、親の子どもへの愛情であり教育だと思います。

もし、子どもに聞かれても教えることは親の勝手な考え方
ではなしに、社会一般的な概念であり評価だと思うのです。


子どもはその中で社会に出て行った時に、自分の中に
タトゥーへの評価を下すからです。



特にタトゥーを入れたママは敏感に考え悩むところだと思います。


子どものためにタトゥーに対する概念を白紙にするタイミングは
早ければ早いほどいいかと思います。


女性が安心してタトゥーを除去できる美容外科があります。

ちなみにこちら

 テレビやメディアに多数取り上げられたタトゥー・刺青除去の専門医に診てもらいましょう。女性が安心して来院でき、今なら半額モニター価格でも受けられるので早めにチェックです。




その道の専門医がいてメディアでも取り上げられた
安心して消すことが出来る病院です。


もう自分のためだけでなく、子どものために隠す人生は
これを機会に卒業して見ませんか?




















posted by タトゥーを入れて後悔した人 at 02:58| タトゥーを入れた親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

タトゥ―(刺青,入れ墨)はファッション?安心して除去する場所は限られる!


なぜ、タトゥ―(刺青,入れ墨)は、社会に受け入れられて
いないんでしょうか!?

タトゥ―(刺青,入れ墨)を入れたい、また入れている人たちは、
それをファッションだと言っています。

賛成派の人は、アメリカなど諸外国では、一般の人達も普通に
ファッション感覚で入れているのに、何がダメなのかって言います。

ファションは、個人の自由だから気にせず肌も堂々と露出しています。


じゃ周りの反対派の人たちは、逆にどう思っているのでしょうか!?

やはり、ファッションと言うジャンルのお洒落とは考えられないようです。

タトゥ―(刺青,入れ墨)を入れている人を威圧的な人だと
潜在的に決めつけるようです。


これは事実、タトゥ―(刺青,入れ墨)を入れている人と言うのは、
日本では罪人、怖い人たちと言う歴史が残っています。

それによって、日本の現代社会では、プールや銭湯など公共の場での
入場なども、有無を言わさず禁止されている事実があります。

また、最近では、企業採用や社員の適格対象に公務員だけでなく、
民間企業でも厳しく審査がされています。


ここで賛成派が考えなければいけないのは、タトゥ―(刺青,入れ墨)を
ファッションとして言い続けられるかということです。

海外ではなく日本で生きて行くと決めているのなら、避けては通れず、
自分の人生にかかってくることです。


タトゥーを入れて後悔した人が、実際に困った事とは、具体的に
どんなケースがあるのでしょうか!?

@公共の場(プール、銭湯など)に入れない。
A就職、転職の時に困る。
B結婚したい時に後悔。
Cこどもとの生活において困る。

特に上記の時に実際に後悔した人が多いようです。


では、自分が通らなければいけない道で、タトゥ―(刺青,入れ墨)が、
認められていないとしたら、あなたならどうしますか!?


ファッションと言っても洋服を選んでいるのとは、わけが違います。

体に傷をつけるわけで、使い捨ての針や衛生面がしっかりしていないと、
C型肝炎やエイズなど怖い感染症になる危険もあります。


もし、あなたがファッション感覚で、どうしてもタトゥ―(刺青,入れ墨)を
したいと思うのなら、手遅れにならず人生の選択が今後しっかりできる
シール状のものを使うのがおすすめです。

だって、剥がせば元通りの体になるからです!


普通に幸せな結婚をして、可愛い子どもが欲しいと思っているのなら、
タトゥ―(刺青)を入れるのを思いとどまってください。

間違いなく、こどもや結婚相手に迷惑がかかりますし、相手のご家族からも
反感をかい、幸せを逃すことになるでしょう。


それでは、すでにタトゥ―(刺青,入れ墨)を体に刻み込んでしまったら
諦めるしかないのでしょうか!?

そんなことはありません!

犯罪を犯してしまったわけではないんですから。


あなたが後悔しているのなら、耳寄りの情報があります。


体に傷をつけ、形に残ってしまっているけど、できるだけ綺麗に
タトゥ―(刺青,入れ墨)を除去してくれるところがあります。

どこでもいいから、とにかく消してもらおうと安易に行動しないで、
しっかり実績があって安心できる病院で除去してもらいましょう!

じゃないと後悔の上塗りで、酷い跡が残ってしまいますからね。
心に決めて、消しに行ったはずなのに目立っては、全く意味が無いですからね。


全ては、自己責任です。

タトゥー(刺青,入れ墨)を入れて後悔したら、
必ず腕と実績のあるドクターに除去してもらいましょう!


















posted by タトゥーを入れて後悔した人 at 19:34| タトゥ―で困って後悔したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

タトゥ―(刺青,入れ墨)には、日本独自の歴史がある。それを説得させるのは難しい。


なぜ、日本ではタトゥ―(刺青,入れ墨)には、
威圧的な感情を示す人が多いんでしょうか?

刺青、入れ墨、現代ではタトゥーとか言って海外のファッション性から
身近に感じさせようとしていますが、それでも受け入れがたい風習があります。


それは入れ墨が、日本では犯罪者の印だったからだそうです。

見せしめるもの、さらしものにするためのものとして存在していたので、
どうしても歴史がそれを受け継いできたのでしょう。


冷静にタトゥ―をファッション的に入れている人も
これから入れようとしている人も考えてみたいと思います。

本当に後悔していないのか?

また、本当に困ることは将来ないのか?


多くの現実が待っています。

温泉やプールやスポーツジムなど公共施設で入場を拒否されるケース。

就職、転職、パートなどで採用を断らっれるケース。

結婚などで、相手方の家族や親せきから敬遠され、破談になるケース。

子どもの教育上で困るケース。


どうですか?あなたにとって、これは困らないケースですか?

恐らく日本でタトゥーは、刺青,入れ墨という認識で、
ファッションとして受け入れられるのは、社会的には近未来には難しそうです。

全ては、歴史が物語っていて、歴史を変えることは、
そう簡単な事ではないですよね。


どうしても欧米化に魅力を感じてしまうのは仕方がありませんが、
自分の将来に責任を持って判断したいところですよね。

posted by タトゥーを入れて後悔した人 at 00:00| タトゥ―で困って後悔したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

タトゥ―をファッションでは片づけられないリスクが付いて来ます。


タトゥーには資格がない!!

これが何を意味するか医療の分野では分かりますよね。


まず、衛生面に保証がない。

すなわち、B型、C型肺炎になる可能性があるということ。

また、生命保険の加入に問題が出てきます。

ここまで聞いて、ファッション性だけでタトゥーを入れたいと
思う人はいるのでしょうか?


それだけではないようです。

電流を流すような精密検査や最新医療をいざという時に
受けれない場合があるようです。

緊急を要する場合にも非常に困ったことになりそうですね。



さて、どうですか?

刺青、入れ墨をタトゥーと言い方を変えて、ファッション性を
うたうのも確かに欧米の流行を取り言えるのもいいです。

しかし、ファッションを楽しむ上で、このリスクは
大きすぎるような気がしませんか?

極端な事を言えば、タトゥーシールなら、色々なデザインを楽しめるし、
その方がファッション性が、あるような気がします。


何だか重たい話になってしまいましたが、将来の自分に
どのくらいの責任が持てるかがポイントになりそうですね。


posted by タトゥーを入れて後悔した人 at 00:00| タトゥ―で困って後悔したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。